降圧作用を阻害する食べ物

高血圧治療にとって一番重要なものは何かと問われれば、多くの人は「血圧を下げること=降圧すること」だと思うのではないでしょうか。もちろん実際に血圧を下げる治療を行っていくことになるわけですが、大切なのは血圧を下げるというそれ自体ではなく、それによる血管の障害を避け、結果として合併症を防ぐということが大きな目標になります。具体的には、血圧が高い状態が続くことで起こる心筋梗塞や狭心症、脳卒中(脳梗塞・脳塞栓)、腎臓への障害などが大きなものとして挙げられます。降圧においては薬物治療を行うことが一般的ですが、いわゆる「血圧の薬」といってもいろいろな働きを持つものが存在します。専門的な分類で言えば、「アンギオテンシンII受容体阻害薬」「アンギオテンシン変換酵素阻害薬」「カルシウム拮抗薬」「利尿薬」などがその代表的なものですが、これらの薬の降圧作用を阻害する食べ物には、どのようなものがあるでしょうか。実際の治療においてこれらの薬を使う場合、その降圧目標値や個々の状態に応じて、場合により複数の種類の薬を併用するということもあります。それぞれの薬について、飲み合わせを一番正確に判断できるのは薬剤師ですので、薬を飲む上ではまず相談しておきたいところです。また、気になるのはこれらの降圧作用を阻害する食べ物として意識するものがあるかどうかというところですが、薬の働きを邪魔してしまうような食べ物はあまり多くないと言っていいでしょう。注意するとすれば、薬の働きを直接邪魔するわけではありませんが、減塩を意識するといいかもしれません。薬の作用の中で、減塩が伴うと効果が上がると言われているものもあり、味付けの工夫などによって食生活を改善することが効果的な場合があります。
■高血圧の薬で一番売れています
高血圧症にノルバスクがおすすめ
■こちらも人気の高血圧治療薬です
アダラート
■常に薬を持ち歩きましょう
コバシル買って不安を無くす
■血圧を下げるための降圧剤、その成分はこちら
ニフェジピン