副作用で鼻血が出る事もある降圧剤はいつまで飲むの?

アダラートやノルバスクなどの降圧剤を飲んでいると、まれに鼻血が出ることがあります。
これは、薬の副作用によるもので、これらの降圧剤においては鼻血は滅多に起こらない重い副作用に分類されており、アダラートやノルバスクでよくある副作用としては顔のほてりや頭痛、足のむくみ、動悸、めまいなどが報告されています。
降圧剤を飲んでいることによる副作用は、それぞれの薬の種類によって違いがあり、アダラートやノルバスクは安全性が高いとされているカルシウム拮抗薬というタイプです。
しかし、鼻血のような副作用が起こるかもしれないと考えると、降圧剤をいつまでも飲むのは体に悪いのではと心配になる人もいることでしょう。
だからと言って、副作用が怖いから降圧剤は飲まないと勝手に決めてしまうと、高血圧が進行してもっと怖ろしい合併症を引き起こすことになるかもしれないので注意が必要です。
病院で高血圧症と診断されて薬物治療を始めたら、降圧剤をいつまで飲めばいいのかは気になるポイントだと思います。
高血圧の薬は、血圧を降圧目標の数値まで下げるのを目標に飲むことになりますが、目標の数値になったらすぐに薬を飲まなくても良くなるかと言うとそんなことはないので、自分の判断で薬をやめてしまうことは避け、医師の指示通りに薬を飲むようにしてください。
高血圧の薬は飲み始めたら一生続けなければならないものかというと、減塩や肥満の解消、禁煙などの生活習慣の改善によって血圧を徐々に下げていけた場合などでは、薬を減らしたりやめたりすることが可能な場合もあります。
そのため、降圧剤をいつまで飲めばいいのかについては自分のかかっている医師に確認し、なるべく薬を使わないで治療をしたい人は相談をしてみるのがおすすめです。